BLOG

ブログ

ご依頼される写真撮影にコンディションのピークを合わせるための自己管理。

酒もタバコも飲まない、夜遊びもしない、苦手なことを行ったり、苦手な場所などにも行かない。
日々可能な限りストレスを避け心のコンディションを整えておく、または自分の心と向き合っておくこと。

その様な生活をもう随分と長く続くけています。

なぜならポートレート(写真)は被写体だけではなく、撮り手側(フォトグラファー)の内面や情緒なども写ってしまうことも珍しくありません。

その日の撮影、その一枚のクオリティを上げるたに集中する。
あるいは、ご依頼者の写真の使用目的には必要のない要素をそこに写し込まないためにも、
普段の生活から心身のコンディションを整えることが、フォトグラファーには必要なのです。

しかしこの様な自己管理を行っているフォトグラファーが多いわけではありません。

私の場合、数時間で何千万というお金が動く広告や高いレベルの質、加えて個性を求められる撮影を経験してきたからこそ、
そこにコンディションのピークを持っていく自己管理の習慣が付いたのだと思います。

現在もそのクオリティを追求するための自己管理やコンセプトは、
皆さんのポートレートを撮影することにも変わらずに継続しています。

関連記事一覧